087-802-4611受付時間 8:30~18:00 メールでのお問い合わせはこちら

山本・坪井綜合法律事務所 解決事例

お知らせ

ホーム 解決事例 解決事例:傷害で示談交渉

解決事例:傷害で示談交渉


2020.07.31解決事例


● 依頼主
年齢 30代 性別 男性

● 相談前
二人の息子が飲み屋で喧嘩を行い、相手方に怪我をさせてしまい、逮捕されたが、仕事の関係もあり早期に釈放してほしいということでご相談に来られた。

● 相談後
傷害罪において、早期に被害者と早期に示談交渉を行い、検察官により勾留請求されたが勾留却下となり、早期釈放となり、最終的にも不起訴処分となった。

● 弁護士からのコメント
兄弟が被害者に怪我をさせた事案であり、検察官は共犯事件であり、一人が否認していたため、勾留すべき事案であるという意見であったが、裁判所は、あくまでも単独事件であり、勾留の必要性はないということで認めている方については、勾留却下となり、釈放され、その後示談もできたため、無事に不起訴処分となりました。

page top