087-802-4611受付時間 8:30~18:00 メールでのお問い合わせはこちら

山本・坪井綜合法律事務所 解決事例

お知らせ

ホーム 解決事例 解決事例:未成年が傷害を行った事件

解決事例:未成年が傷害を行った事件


2020.09.16解決事例


●依頼主
年齢10代 性別 男性

 

●相談前
未成年者が母親に対し、傷害を行った事件において、調査官の調査報告書の意見書が少年院となった事件。

 

●相談後
傷害の程度等は、軽かったものの、調査官は母親の監督能力等が低いことなどを理由に自宅に返すべきではなく、少年院送致が相当であると判断していたが、最終審判までに母親及びその他の親族としっかり環境調整を行い、審判において裁判官が調査官の報告書に基づく判断ではなく、保護観察処分となった。

 

●弁護士からのコメント
少年事件の場合、成人と異なり、単純に傷害の程度等によることなく、少年の置かれている環境であるとか少年の特性などに着目するため、この点をしっかりケアして、環境調整を行うことが重要である。

page top