087-802-4611受付時間 8:30~18:00 メールでのお問い合わせはこちら

山本・坪井綜合法律事務所 解決事例

お知らせ

ホーム 解決事例 解決事例:窃盗で現行犯逮捕

解決事例:窃盗で現行犯逮捕


2020.07.31解決事例


● 依頼主
年齢 40代 性別 男性

● 相談前 
妻が窃盗で捕まった。まだ1歳の子供がおり、授乳中であり、なんとか早期に釈放してほしいということでご相談に来られた。

● 相談後 
被疑者には、窃盗の前科があり、窃盗で改めて現行犯逮捕されたが、早期示談(逮捕され勾留請求されるまでの間に)を行い、検察官と交渉の上、勾留請求をしないことなり、早期釈放となり、最終的には執行猶予判決となった。

● 弁護士からのコメント
被疑者には、窃盗の前科があり、検察官は当初勾留請求を行う予定であると主張していたが、早期示談を行ったため、その点を考慮し、勾留請求をしないこととなり、早期に釈放され、最終的にも無事に執行猶予付き判決となりました。

page top