087-802-4611受付時間 8:30~18:00 メールでのお問い合わせはこちら

山本・坪井綜合法律事務所 解決事例

お知らせ

ホーム 解決事例 解決事例:2度目の窃盗の少年事件

解決事例:2度目の窃盗の少年事件


2020.07.31解決事例


● 依頼主
未成年者 性別 男

● ご相談前
少年は、未成年者であり、発達障害を有しており、以前窃盗にて逮捕され、保護観察処分中であった。両親が、少年院には入らせたくないとしてご相談に来られた。

● ご相談後
窃盗の被害者に対し、被害弁償を行い、謝罪を行うとともに、なぜ窃盗を繰り返し行ってしまうのかをカウンセリングに通い、また、弁護士とも継続的に話し合いを行い、原因探求を深めた。裁判所に対しては、本人には更生の機会よりも治療が必要であり、少年院ではない社会の中で親御さんの監督指導のもと、再度やり直すチャンスを求め、最終的に再度の保護観察処分となった。

● 弁護士からのコメント
2度目の窃盗の少年事件において、再度の保護観察処分となり、少年院送致を免れた事案である、少年の治療の必要性や親御さんの監護能力の高さを強調し、なんとか少年院送致を免れ、再度の保護観察処分となった。

page top