087-802-4611受付時間 8:00~18:00
新規相談受付 8:00~21:00
メールでのお問い合わせはこちら

香川・高松の弁護士 山本・坪井綜合法律事務所 弁護士紹介

弁護士紹介

ホーム弁護士紹介

弁護士 山本 弘喜(やまもと・ひろき)香川県弁護士会

弁護士 山本 弘喜(やまもと・ひろき)
香川県弁護士会

刑事事件でお困りの皆様に寄り添います

困っている方の役に立ちたいという志のもと、弁護士になりました。
弁護士となって以降は、役に立てる弁護士になるため様々な経験を積みたいと考え、日本司法支援センター(法テラス)の常勤弁護士とて活動し、様々な経験を積むことができました。

一方で、その経験を通して、経済的、地理的、体力的な事情からまだまだ弁護士につながることができない人が多くいるということを知りました。また、弁護士に対して本音を言えず、ご意向を反映した解決に至っていない方がたくさんおられるということも。

刑事事件、本人の問題だけではなく、周囲の環境、教育、本人が抱える障がいの問題など、さまざまな原因が絡んでいます。未成年の事件となると、それはより顕著となります。
そういった方々が、今後同じ過ちを繰り返さないよう、親身に対応していきたいと考えています。

ご依頼をいただいた際には、依頼者様にわかりやすい説明を尽くし、ご意向を丁寧に確認しながら、迅速な解決に至るよう、尽力させていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

香川・高松の弁護士 山本 弘喜

経歴

2005年3月
大阪府立八尾高等学校卒業
2009年3月
関西大学卒業
2011年4月
同志社大学法科大学院修了
2012年9月
司法試験合格
2012年12月
最高裁判所司法修習生(66期)
2013年12月
大阪弁護士会登録
日本司法支援センター(法テラス)に就職
法テラスの養成のため「きづがわ共同法律事務所」にて勤務
2015年1月
熊本県弁護士会へ登録換え
法テラス高森法律事務所(司法過疎地域型事務所)勤務
2018年1月
兵庫県弁護士会へ登録換え
法テラス阪神法律事務所(都市型事務所)勤務
2020年3月
日本司法支援センター(法テラス)退所
2020年4月
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所設立
2021年4月
弁護士法人化
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所に改称

主なセミナー・講演歴

● 2015~2017年
熊本県立高森高等学校 法教育講座 講師

● 2017年
「法的視点からみた終末医療の問題点」講師(小国郷医療福祉あんしんネットワーク会議)
「自分の死について考える~就活のススメ~」シンポジスト(小国郷福祉講演会)
「高齢者の権利を守る研修会」講師(南小国町地域包括支援センター)

● 2018年
「基礎からの法律講座 身近な消費者被害~消費者被害に遭わないために~」講師(神戸県立図書館入門講座)
「近隣トラブルについて」講師(市役所市民相談員スキルアップ研修)

● 2019年
「知って納得!成年後見制度 ~安心して暮らしていけるように~」講師(高砂市地域包括支援センター 権利擁護講演会)
「知っておくと役立つ法律知識を学ぶ ~DV防止法に関する基礎知識~」講師(兵庫県立男女共同参画センター DV防止セミナー)
など他多数

弁護士 坪井 智之(つぼい・ともゆき)香川県弁護士会

弁護士 坪井 智之(つぼい・ともゆき)
香川県弁護士会

一つひとつの刑事事件に柔軟に対応します

ご自身や家族が突然逮捕されてしまったとき、どうしていいかわからず非常に不安な気持ちを抱えられていることと思います。
私は、準メンタル心理専門士・メンタルケア心理士・夫婦間カウンセラー・チャイルドコーチングアドバイザーなどの資格を保有しておりますので、精神的なケアも含めた弁護活動が可能です。
ご依頼者様の一人ひとりに合った柔軟な対応を行っておりますので、安心してお任せください。

これまでたくさんの方のご相談を聞く中で、「弁護士になぜもっと早く相談しなかったの?」という事案をたくさん見てきました。相談に行くこと自体に不安を感じることは、本来あるべきではないと思います。

私は、皆様のお悩みを少しでも解消するべく、気軽に相談できる弁護士であるために「相談しやすい」「話しやすい」をモットーに取り組んでまいりました。
悩みは人それぞれ異なります。弁護士が一方的な意見を押し付けるのではなく、1件1件の事件に真摯に向き合い寄り添うことで、皆様と一緒に最善の解決策を見つけてまいります。

香川・高松の弁護士 坪井 智之

経歴

2006年3月
西南学院高等学校卒業
2009年3月
西南学院大学法学部中退
2009年4月
同志社大学法科大学院既修者コース飛び級入学
2011年3月
同志社大学法科大学院修了
2013年9月
司法試験合格
2013年12月
最高裁判所司法修習生(67期)
2015年1月
福岡県弁護士会登録、弁護士法人ALG&Associates入所
2019年5月
矯正研修所高松支所 非常勤講師(2019年5月13日〜2020年3月31日まで)
2016年4月
香川県弁護士会登録 小早川法律事務所入所
2020年3月
小早川法律事務所退所
2020年4月
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所設立
2021年4月
弁護士法人化
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所に改称

研修

● 交通事故の研修
株式会社自研センター主催の研修を修了
一般社団法人日本損害保険協会医研センター主催、弁護士メディカル応用コースを修了

● 刑事事件の研修
独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター主催、第三回反復行為対応研修会を修了

主な資格

・夫婦カウンセラー
・准メンタルケア心理専門士
・メンタルケア心理士
・チャイルドコーチングアドバイザー
・アンガーコントロールスペシャリスト
・認定子育て支援カウンセラー
・不登校訪問専門員
・M&Aシニアエキスパート
・相続診断士
・ファシリテーター
・パーソナルカラー&色彩心理認定講師
・SEOマーケティングアドバイザー
・仲人士
・箱庭心理セラピスト
・2級心理カウンセラー
・ホームページWEBデザイナー
・婚活アドバイザー
・薬膳・漢方&アロマテラピー&メディカルハーブ&腸セラピー講師

主なセミナー・講演歴

・弁護士から見た警察捜査(四国管区警察学校)
・消費者トラブルを解決しよう!~法と弁護士の役割(香川大学)

弁護士 川岸 司佳(かわぎし・かずよし)福岡県弁護士会

弁護士 川岸 司佳(かわぎし・かずよし)
福岡県弁護士会

自己紹介文

普通に生活していたら、人生の中で弁護士に相談する機会なんて、多くて2、3回程度だと思いますし、1度も弁護士に相談したことのない人も多くいると思います。

もっとも、1度も弁護士に相談しなかった人生の中にも、少なくない数の法的トラブルに巻き込まれた経験があるはずです。そして、その法的トラブルに対して、多くの人が「なんか理不尽だけど、仕方ないか」と無理やり自分を納得させてきたのではないでしょうか。
風邪をひいたら病院に行くように、「なんか理不尽だな」と思ったら弁護士に一度相談すべきだ、と僕は思っています。そして、その理不尽な出来事に対して、「まだなんとかなる」状態にあれば、覚悟をもって誠心誠意対応していきます。

法的トラブルの場合、「まだなんとかなる」というタイミングが必ずあります。私は、「なんか理不尽だな」と思いつつも泣き寝入りしてしまう人を助けたくて弁護士になりました。なので、そのような悩みを持つ人をできるだけ多く助けるためにも、「まだなんとかなる」うちに、早めから相談していただければと思います。また、1人で「もうどうしようもない」と諦めるのではなく、「まだなんとかなる」のではないか、とご相談ください。
お待ちしております。

香川・高松の弁護士 坪井 智之

経歴

1989年
福岡県生まれ
2008年  3月
岩田高等学校卒業
2012年  3月
九州大学卒業
2015年  4月
九州大学法科大学院修了
2018年  9月
司法試験合格
2018年  11月
最高裁判所司法修習生(72期)
2019年  12月
福岡県弁護士会登録
福岡市内の法律事務所入所
2021年  5月
福岡市内の法律事務所退所
2021年  5月
弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所入所

所属委員会

・子どもの権利委員会
・民亊介入暴力対策委員会
・修習生就職問題および新規登録弁護士支援対策室委員

弁護士法人
山本・坪井
綜合法律事務所

まずはご連絡ください。TEL:087-802-4611受付時間 8:00~18:00(平日)
新規相談受付 8:00~21:00
(平日・土日祝日)

初回相談は無料

page top